旭橋は初撮り。

f:id:satshin:20170820213506j:plain

北海道の三大大橋の一つ、旭川市にある旭橋。現在も原型を留めているのはこの橋だけらしい。

故郷にも関わらず、旭川にいる頃は写真が趣味でなかったので、撮ったことがなかった。

帰省の合間に撮ってみた。

歴史ある橋なので、モノクロが似合う。天候も曇りだったし。

交通量はそこそこあり、信号待ちで途切れたところを撮影。

重厚な感じが伝わるだろうか。

 

f:id:satshin:20170820213848j:plain

この写真はお気に入り。

犬を散歩している人が良いタイミングで入ってくれた。

帰省する楽しみが一つ増えたように思う。

ある休日の夜。

f:id:satshin:20170811221616j:plain

いつもは賑わっているこのお店も、お盆前の祝日で空いていた。

複数の訳ありの事情で、家族というものと普通のやり取りができず、かといって、気軽に酒を酌み交わすような友もそばにいないので、ひとり夜食をいただく。

連れはいないけど、レイモンド・チャンドラー作で村上春樹訳の「高い窓」でフィリップ・マーロウが雄弁に語ってくれる。

高い窓

高い窓

 

彼のセリフに心地良さを感じながら、まだ湿度の高い夜をまったりと過ごす。