読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北野天満宮の梅。

ここ最近の暖かさのため、去年の同時期に比べ、だいぶ散っていたけど、それでも残っていた。 梅は撮るのが難しく感じる花だけど、段々撮っていくうちに楽しくなる。 今回たくさん撮った中で、お気に入りのうちの一枚をどうぞ。

銀座スナップ。

所用で上京。前回来たのは師走。東京は刺激的でワクワクする。 東京で働いている兄との待ち合わせ時間に余裕があったので、銀ブラしながら、写真を撮っていた。 この日は、小雨がぱらつく肌寒かったが、お供のLeica X-Uは雨にも寒さにも強いので、しっかり動…

「御池バーガー」を食す2。

先日、診療が立て込み、時間がなかったので再びブロシェットへ。 ラストオーダーちょっと前だったので、事前に電話で注文しておいた。 三重県浦村産の牡蠣にシャルドネ白を。 白ワインの酸味と牡蠣っ旨みが本当によく合うね。 今回の「御池バーガー」の具材…

「御池バーガー」を食す。

前日の記事の続き。。 ブロシェットの夜のメニューに登場した、ブロシェット特製ハンバーガー。 花かごパンの中に、お店自慢の食材をボリュームたっぷりに詰め込まれている。 この日は、チーズバーガーを注文。 炭火焼のジューシーなお肉に自家製タルタルソ…

ブロシェットでランチコースをいただく。

東洞院通御池下がったところにある、Brochetteは、フランスの串焼料理(ブロシェット)をモデルにした串焼きをメインにしたお店。 オーナーの西川鎌一さんとは2年前の異業種交流会を通じて知り合い、以来ランチや夕食、会食などで利用させていただいている…

ロンハーマンカフェ京都店でランチした。

オープンして少し経っているので、落ち着いているだろうと思い、11時半くらいに着いた。 明るく、天井が高く、開放感あふれる店内。 お店の方も、カジュアルだけどオシャレだった。 小さなお子様連れの若いママたちのグループやカップルがゆったりとしたソフ…

宮浦港の夕日

2月の祝日に訪れた直島での夕日。 直島在住の友人とともに感動しながら、ひたすらシャッター押した中のお気に入りの一枚。 昨年夏に白良浜に行った時にも夕日を撮ったけど、今回の方が穏やかで暖かかった。 次回は、NikonD810を持って撮りたいね。

金曜夜の大阪駅。

ニコンカレッジ「プロのポートレート撮影テクニック」の初日の帰り。 金曜日は診療日なんだけど、完全予約制で一人でやっているため、患者さんと受診日を調整し、電話を転送設定しての参加である。 京都に住んでいると、梅田の街の大きさに圧倒され、魅力を…

赤カレイに赤酒。

写真は、ストウブの代表格、ピコ・ココット・ラウンド18㎝。 この中にメイン料理が入っている。 さて、何かというと、 八百一で買った、子持ち島根産赤カレイを煮つけしたもの。 鍋にこびりつかないよう、ごぼうを敷いている。 軽く水洗いした赤カレイの切り…

惣菜いろいろ。

冷奴にEXバージンオリーブオイルで炒めたちりめんをトッピング。 シンプルでソフトな塩味とオイルの風味で美味しくいただける。 浄水器であく抜きしたほうれん草を少量のEXバージンオリーブオイルをふりかけ、無水で蒸し焼きに。 国産レモンを絞って垂らし、…

御多福珈琲って知ってる?

ところは、四条寺町西南角にある、御多福珈琲。 仕事の合間の昼休み、Leica Store Kyotoの帰りに看板が気になったので、入ってみた。 階段を降りる途中で生けられたお花。 レトロな雰囲気を想像させてくれる。。 地下にあるお店に入ると、正面左手奥には5席…

高松から直島へ向かった。

今回直島へは、高松から四国汽船の船で行った。 久しぶりのフェリーなのでワクワクする。 ちなみに、船旅は小さい時から慣れていて、学生時代は、神戸~上海、上海~香港というルートも経験したことがある。 写真は、新造船「なおしま」が高松港に着いた時の…

島食Doみやんだのお刺身定食。

直島の海の幸を食べさせてくれるのが、島食Doみやんだ。 naopam.net 写真は、ここの名物のお刺身定食。 ひらめ、鯛、チヌ、たこの活きの良いお刺身に舌つづみ。 梅酒を飲みながら、贅沢にえんがわも一緒に頂く。 お味噌汁は、カメノテが入って磯の香りが食欲…

APRON CAFEのランチ。

直島の本村エリアにある、APRON CAFEにて。 オーナーが管理栄養士なので、バランスの取れた健康的なランチを食べられる。 瀬戸内野菜がたっぷりの、季節のスペシャルセットがおススメで、ボリューム満点。 2月・3月は、免疫力アップのメニュー。 「旬の野菜…

直島銭湯「I♥湯」へ行ってきた。

直島在住の友人に勧められて直島銭湯へ。 スクラップブックを得意とする、大竹伸朗氏の作品。 リノベーションではなく、一から作られた、エキセントリックな銭湯。 手前の水槽には金魚が気持ちよさげに泳いでいる。 国内外の観光客はもちろん、地元の方も入…

高松のカフェ。

高松のオシャレな倉庫群、北浜アリーのそばの大運組ビル5階にある、デザインラボラトリー蒼。その中にある、cafe kamomeyaで、はさんで楽しむマフィンサンドを珈琲とともにいただく。自家製ローストビーフや地元の素材を木のプレートに並べ、コーヒーカップ…

柳湯へ行ってきた。

今日は、診療の合間に柳湯へ。 実は、昨日来たのだけど、お休みだった。 孫橋湯よりもさらに東、三条花見小路を上がった一筋目の角にある、レトロ感満載の銭湯。 こちらは、男湯が右、女湯が左。 戸を開けた印象は、錦湯に似ている。 奥が浴場、左手が女湯と…

孫橋湯へ行ってきた。

5軒目の銭湯は、三条通新麩屋町上がったところの角にある、孫橋湯(まごはしゆ)。 こじんまりした、可愛らしい銭湯だ。 入って左手が男湯、右手が女湯。 番台は、男女の境目にあり、男性のお店の方が座っていた。 脱衣場は結構にぎわっている。 浴場もけっ…

錦生湯へ行ってきた。

銭湯シリーズも早くも4軒目。 南、東、北と巡って、今日は西へ。 四条大宮から一筋西にある錦生湯(きんせいゆ)。 場所がよくわからなくて、「この辺に銭湯ないですか」と交番で訊いたら、 「銭湯ですか」 「この辺には2軒あります」と2人がかりで地図を示…

初音湯へ行ってきた。

日曜日だったけど、午前中に20代男性ミュージシャンの初診。 問診、触診してから、はり治療を行った後、大戸屋で四元豚のヒレカツランチをいただき、少し歩いて初音湯へ。 以前勤めていた病院の近くだ。 当時、こんなところに銭湯があるんだな、と感心してい…

錦湯へ行ってきた

錦湯は、京の台所、錦市場のすぐそばにある( 京都市中京区堺町通錦小路下る八百屋町535)。 東京から遊びに来ていた大学時代の友人夫婦とその友人夫婦で「旬彩いまり」会食し、坊主BARへ行って別れた後、着替えと銭湯グッズを持って出かけた。 お酒をたくさ…

白山湯六条店へ行ってきた。

マンションの給湯器が壊れて(1996年製)、交換までに1週間待たされることになった。 寒い時期なので、立て込んでいるらしい。。 給湯器が壊れて新しくなるのはうれしいけど、お湯が使えないので不便なのは確か。 前向きに気持ちを切り替え、せっかくなので…

レンコンの蒸し炒め

ストウブを使っての蓮根の蒸し炒め。 ご飯やお酒に合う。 調味料は、みりん、しょうゆ、こしょう、お塩。 どんな体質にも合うので、安心して食べられる食材の一つ。 体にこもった余分な熱を収め、暑気あたりを解消する 喉を潤し、渇きを収める 胃腸を丈夫に…

恵光院の護摩祈祷

すっかり投稿がおろそかになってしまった。 1月の連休に高野山の宿坊、恵光院での護摩祈祷の様子。 高感度にも強いD810のおかげで、iso感度12800でも大丈夫。 お坊さんの姿をくっきりと映し出してくれた。 静音設定なので、場の雰囲気も乱さずに撮れてよか…

語り合うふたり。

ピントは、意図的に手前の若い女性に合わせている。 意識の先は、向かって右手の若いカップル。 向かい合い、楽しそうにしている様子を見て、ほほえましいと思った。 男性は、しきりに身振り手振りで、向かいの女性に熱く語っていた。 彼女は、ただうなずき…

四条烏丸にて。

昼下がりの四条烏丸。 服装から秋が深まっていくのを感じつつ一枚。

たまには一杯。

2週間ぶりのお酒は、寺田本家の無添加・無濾過の香取。 お米作りから徹底している蔵元で、飲むと元気になる、琥珀色の力水。 飲み過ぎると、やはりよくないので、ほどほどに。。

ガーベラで良かったのかしら。→菊でしたw

実家の母が送ってくれた秋の食材の中に、庭で咲いていたのを一緒に入れてくれたようだ。 写真を撮る割には、花や樹木の名前がわからない。 植物園にも行かねば。 日付が変わって、母に確認したら、菊とのこと。。 これで一つ覚えました。

たまにはビーフシチュー。

X30

今日はタンパク質を集中的に摂る日。そんな時は、お肉も食べることにしている。今までは食べたいから摂る感じだったけど、最近は、必要なものを摂るように意識を変えた。グルメというより、体を維持し、パフォーマンスを上げるために食事を摂るようにしてい…

京のお昼どき。

X30

撮影の合間なのか、時代祭の準備なのか。。 正面を避けて撮影。

仲良しドライブ。

四条通にて。ノーファインダーでとっさに撮影。気持ちよさそう。

1928ビルから。

昭和初期、アール・デコ風の建造物である1928ビル。 京都には、木造建築だけでなく、鉄筋コンクリート造の個性的な建物がそこそこある。 三条通には、そんな建物が多い。 この写真は、絞り開放で撮影。手振れ補正はなしで。

あえてタリーズを選ぶ理由。

スタバとタリーズ。 スタバの方が、椅子・ソファの座り心地が良い。 オシャレで、店員さんもフレンドリーだ。 ドリップコーヒーのSサイズでも、量が多く、8円安い。 お客さんの滞在時間が長いためか、スタバの方が混んでいる。 複数で利用する人が多いせいも…

最近のスタバ。

西日のブラインド越しが良い雰囲気だったので1枚。 最近は、クッキーとドリップSが定番になっている。 足すと、507円。 たばこの煙のないところで、ゆっくり本も読めるし、お得だよね。

大阪らしい。

意味がよくわからないけど。。 さすが大阪。 面白すぎる。後で調べたら、ローリングスシーというイベントらしい。 回転ずしの発祥地大阪ならでは。 実施期間は以下の通りだそうです。 10月3日(土)9:00〜10:30 / 22:00〜23:0010月4日(日)9:00〜10:3010月17日(…

a Friday Night

伝えたいのは、雰囲気。 手振れ補正しておけばよかったかなとは思うけど。 個人的には気に入っている。

「四条烏丸の花嫁」

四条烏丸交差点にて。 カメラを持ち歩いていなかったら撮れなかった光景。 銀行前にもお二人花嫁姿でティッシュを配っていた。 声をかけたら、OK頂いたので気に入ったのを一枚。 車が入ってしまったのが残念だけど、お仕事中なので、邪魔にならない程度に。 …

簡単しゃけごはん。

秋の味覚はいろいろあるけど、海の幸は、秋鮭。 最近は、スーパーでも皮と骨を抜いて売っているのがある。 作り方は簡単。 1合分の米をとぎ、好みの分の醤油とみりんを入れ、インダクションレンジや炊飯器にセットするだけ。 ビタミンD、カルシウム、抗酸化…

撮られるのもいいね。

「京都あさげいこ」で知り合った方と、7時半からモーニング。 いつもは撮る方だけど、たまには撮られるのも悪くない。 私のカメラを渡して、オートで撮影。 レンズのボケ加減のおかげで、後ろに写っている女性もぼけていて、プライバシー的には大丈夫。 私の…

コーヒータイムだけど。

よく行くスタバにて。 家だと気が散って、はかどらないから、スタバで勉強される若い方が多い。 読書の合間に視線を上げると、黙々と取り組んでいる姿が目に入る。 こういう光景はよく見かけ、いつも感心してしまう。 鍼灸師という職業柄、この姿勢のままだ…

下鴨神社へ。

昼休みに自転車で鴨川を飛ばしていたら、日差しが横から入ってかなり暑かった。 下鴨神社に着いて、喉を潤そうと思って入ったのが「さるや」さん。 氷室の氷をあしらったかき氷が良いなと思い、黒蜜のものを注文。 かき氷がきめ細かく、見た目は綿のようで、…

重要なライフライン

京都人には欠かせない。 X-T10 XF16-55mmF2.8R

生まれ変われるのなら、生き急がなくても良いかもしれない。

一度きりしかないない人生。 悔いなく生きようとすると、無理が出ることがある。 あれもこれもしたい、こうしないと気が済まない、など焦ってしまうだろう。 場合によっては、欲望のまま行動してしまい、犯罪に手を染めることもあるかもしれない。 でも、も…

コントラスト

シルバーウィークは北海道へ。 1枚目は、旭川空港上空、2枚目は、伊丹空港に着く途中。 空気感も含めた違いが反映されている。

六角堂の16羅漢像

気持ちよく晴れた朝に、六角堂へ。和やかな表情で出迎えてくれた。 早朝に行くと、静かに拝観できる。

運が良ければ。

舞妓さんの日常に触れることもできる。できるだけ、邪魔にならないようにしてあげたいと思う。普段は、普通の10代の女の子だから。

コントラスト

御堂筋にて。 思わずノーファインダーでシャッターを切る。

Tokyo Station

小雨の降る夜に撮影したので、ほとんど人がおらず、ゆっくり見ることができた。 ただ、Leica Qは、28mm。 旅先では、レンズ固定式ではなく、広角と標準のズームレンズがあると重宝するね。

ここはどこ。

ここがどこかわかったら、すごいと思う。 街中なので、よく前を通る人なら、わかる人がいるかもしれないけど。

京料理は盛り付けも大事。

自己啓発と学びを通して様々な方と交流できる、京都朝げいこ。 今日は、夏場所「はじめての京料理講座」の最終日。 KARASUMA BASEにて、祇園花萬さん 代表の吉田忠司さんと、料理人の濱元太さんから、美味しく見せる盛り付けの手ほどきを受けた。 この講座は…